ランドセル知っ得ねっと

ランドセル知っ得ねっと

なぜランドセルを買うのか

ランドセルを選ぶ理由

ランドセル

ランドセルのメリット

小学校で使うカバンはランドセルでなければならない、という決まりはありませんが、お子さまが小学生になるタイミングで、ほとんどの親御さんがランドセルをプレゼントしています。なぜ普通のデイバッグではなく、ランドセルを使った方が良いのか、その理由を見てみましょう。

6年間使える耐久性

ランドセルを使った方が良い大きな理由の1つ目はなによりも、ランドセルが小学生が6年間使うためだけに設計されている点です。そのため普通のデイバッグよりも高い耐久性を誇り、6年間使っていてもヘタれないような工夫が随所になされています。

小学生には必須な安全性

ランドセルはその大きさとクッション性から、後ろに倒れてもケガをしにくい特徴があります。また、防犯ブザーをつけるための金具が付けてあったり、車のライトを反射するための反射シートが付けられていたり、小学生には欠かせない安全機能が豊富についています。

ファイルや教科書を守る

一般の方が使うようなデイバッグは、間違って上に座って潰してしまうと中のファイルや教科書も潰れてしまいます。しかし、ランドセルは構造上、中に入っている教科書やファイルが潰れにくくなっているため、カバンを雑に扱いやすい男の子でも安心して使うことができます。

プレゼントに最適

少し違う視点から考えてみると、ランドセルは小学生になるお子さんやお孫さんを持つ方には良いプレゼントになります。多少値段が高くてもかえってプレゼント感が出ますし学校に行くたびに使ってくれると上げた方も嬉しくなります。

ランドセルは製作過程も重要

ランドセルを選ぶ理由として、いくつものメリットを挙げましたが、そのランドセルは一体どのようにして製作されているのでしょうか。他のカバンよりも、さらに手間がかかるランドセル製作の行程を知っておくと、ランドセルがいかに小学生のことを考えて作られているかが分かります。

ランドセルの製作行程

パーツの型抜き

ランドセル製作は、一番始めに、生地のパーツを型抜きする作業から始めます。ランドセルのパーツは数百種類もあり、この型抜きは大事な行程の1つです。

パーツの細部仕上げ

各パーツに細かなビーズをつけたり、特殊な加工を施したりと装飾をしていきます。このパーツの装飾は、ランドセルメーカーによって変わるのでメーカーやブランドの個性を出すポイントにもなります。

組み立て

各パーツを組み立てていきます。ここがズレるとすべてやり直しになってしまうので、細かい作業が必要になる部分です。そのため、ランドセル製作の職人が丁寧にパーツを組み合わせていきます。

縫い合わせ

ランドセルといえば、縫製です。各メーカーによって縫製にも違いが出ます。独自の工夫や技術を用いて、簡単にはへこたれにくいランドセルを作ります。

細部パーツの取り付けや補強

大まかな形が出来上がったら周りの細かなパーツを取り付けたりさらにランドセルを強くする補強作業に入ります。これまでがランドセル製作の主な行程となります。