ランドセル知っ得ねっと

ランドセル知っ得ねっと

ランドセルはいつ買うべき?

購入時期のタイミングは主に3つ

ランドセルを購入する時期は多くの親御さんが悩まれることの1つです。ランドセルを買うタイミングをあらかじめ決めておくと、いざという時に困ることがないため安心できます。下記にランドセルの購入時期をまとめたのでチェックしてみましょう。

ランドセルの購入時期

プレゼント

4月に発表されるものもある

なんと早いものだと入学の一年前となる4月にランドセルの新製品が発表されます。この時期からすでにランドセルの情報を入手することができるのです。

実際に販売されるのは6月頃から

新商品の発表は4月でも、実際に販売されるのは6月頃からが主流のようです。6月というと入学までまだ長い期間があるので、購入を考えない方も多くいますが、この時期には早期予約割引などを実施しているブランドや店舗も多いため安く抑えたい方は早めに買うと良いかもしれません。

最も購入者が多い10・11月

秋から冬前にかけての時期は、最もランドセルの購入者が多い時期です。この時期でも店舗によっては割引などをしてくれるところもあります。また、この時期までに手に入れておくと早めに安心できます。

新年の初売り

年が明けた1月は初売りセールとして安くランドセルを購入することができます。他の時期に比べても安く購入できる可能性が高いためランドセル購入に急いでいない方はこの時期を狙ってみるのも1つの手です。

他にも気になる情報をチェック

ランドセルの購入時期を決めたら、次に気になるのがランドセルのカラーです。今回は男の子に人気なランドセルカラーをランキング形式でまとめました。

ランドセルカラー男の子人気ランキング

no.1

ブラック系

最も男の子に人気なランドセルの色はやはりスタンダードなブラック系です。汚れも目立ちにくく、小学生のどんな服にも合わせやすいブラックのランドセルはダントツの人気を誇っています。

no.2

ブラウン系

次に人気なランドセルのカラーはブラウン系になります。ランドセルによっては独特のツヤや風合いが出て少し高級感の漂うイメージがあります。また、こちらの色も汚れやキズが目立ちにくく安心して使えます。

no.3

ブルー系

女の子の好きな色がレッドなら男の子の好きな色はブルーといっても良いでしょう。ブルー系のカラーランドセルは目立ちやすく、また男の子らしさも出せるので、持ち運ぶだけで楽しくなるかもしれません。

no.4

ホワイト系

ホワイト系のカラーランドセルも人気です。清潔感も出せて、かつ男の子でもかわいい印象が出せるホワイト系は様々なカラーの中でも一定の人気があります。

no.5

メタリックカラー系

ランドセルに独特のツヤを持たせて金属のようなメタリック感を演出するメタリックカラー系のランドセルも人気があります。カッコイイものが大好きな男の子にはたまらないランドセルカラーの1つです。

ランドセルの選び方

軽さ

ランドセルを選ぶ場合はまず、軽さから選んでみましょう。実際に小学生になるお子さまに持たせてみるのもアリです。小学生は、重たいものを長時間持てない時期です。少しでも軽いランドセルだと安心して使わせることができます。

デザイン

小学校の6年間使うものなので、お子さまが一番好きなデザインや色を選ばせてあげましょう。自分の好きなデザインを選ばせてもらうと、それだけで学校に行くことが楽しみになります。

背負いやすさ

背負いやすさも重要なポイントの1つです。実際にお子さまに背負ってもらって、大きく動いた時にランドセルが揺れにくいか、実際よりも軽く感じるかなどを確かめてみましょう。

教科書やプリントが入りやすいか

学校で使うプリントや教科書が入りやすいか確かめてみましょう。容量が多いとその分学校で使う教材の持ち運びが楽になります。入り安さの目安として、A4ファイルが難なく入るほどのスペースがあると安心です。

機能や安全性

防水性があるか、耐久性があるかなどをしっかり確かめましょう。他にも防犯ブザーを取り付けられるか、車のライトに反射するベルトがあるかなど、安全性に配慮されているかどうかも重要な確認ポイントになります。

ランドセルQ&A

ランドセルの価格相場はいくら?

ランドセルは、様々なメーカーやブランドが製造販売しているので価格帯はピンからキリまで幅広くありますが、最も一般的なランドセルの価格は3万円から5万円ほどです。

本革よりもクラリーノがいいの?

クラリーノにはいくつものメリットがありますが、本革製のランドセルにもクラリーノには出せないメリットがいくつもあります。また、本革を扱っているメーカーは製作工程や細かいところにも非常に気を配っている場合があるため、クラリーノ製よりも、しっかりとしたランドセルが多くあります。

価格が高いと何が変わるの?

価格が高いランドセルはその分、素材や製作までの過程に力を入れています。特に軽さや耐久性、背負いやすさや機能などにはっきりとした差が出てきます。

男の子向けランドセルは種類が少ない?

近年では、男の子向けのランドセルでも様々な種類のランドセルが販売されています。カラーやデザインも豊富で、女の子向けにもひけをとらなくなってきています。

小学1年生には大きすぎるのでは?

ランドセルは1年生から6年生まで間、授業で使う教材や荷物を持ち運ぶために作られているので、小学1年生にとっては大きすぎるように見えます。しかし、ランドセルには小学1年生が持っても軽く感じる工夫がメーカーごとになされていて、実際に使ってみると疲れにくい場合がほとんどです。

[PR]

ランドセルを男の子にプレゼント!
喜んでもらえるデザインを選ぼう。

ランドセルは男の子用がいい!
6年間壊れることなく使用できます!